乗用車の《全損》とはその名が示すように全てが故障した場合つまり走行が出来ないような乗り物としての役目を満たさなくなった時に用いられますが乗用車の保険で決められている「全損」は少なからず違う内容があったりします。77-11-125

車の保険においては車が壊れた時に全損と分損の仕分けされ《分損》は修理の費用が保険金内でおさまる事を表しそれとは逆に〈全損〉とは修理費が保険金より高くなる状態を表現します。77-14-125

普通、車の修復で『全損』と判断されると車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない損害を受けたり、車の骨組みが歪んでしまって修復が不可能な時リサイクルか廃棄と結論付けられるのが常識です。77-1-125

交通事故が起きてお店や車の保険屋さんがこのような修復費を推定した場面で、いかに見かけが綺麗で修理が可能な時でも修理の費用が保険金よりも高かったらそもそもなんで自動車保険に加入しているのか分からなくなってしまいます。77-12-125

こういったときには《全損》と判断して車の権利を車の保険の会社に譲り保険額を貰う条件になっています。77-20-125

もちろんかなりの間所持した車で愛着があり、自分で修復して所持したいと希望する人間は多くいますので事態に応じて車の保険屋さんと話し合ってみるといいのかもしれません。77-18-125

車の保険にはそのような場面が想定され特約などの《全損》のために特約を設けている場面があり、たとえ愛車が全損となったケースでも買い替え等必要費用を多少なりとも払ってくれる時も存在したりします。77-15-125

なおかつ盗難にあった時の保険額の特約をつけている場合被害にあった自動車がなくなった際でも《全損》の扱いとなり、保険金が支払われることになっているのです。77-19-125

77-3-12577-17-125


77-8-125 77-5-125 77-9-125 77-7-125 77-2-125