一般的な外為取引の情報では「損をした場面ではナンピン買いすることでポジションの買い付けコストをコントロールする」などと記述されていますが正直に言うとこれは大きな罠があると思います。京王 PASMO一体型 クレジットカード オートチャージ

ナンピンの理屈に関してごく簡単に説明します。かに本舗 評判

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。中国国際結婚 手続き

$(ドル)買いということで、円安になればなるほど黒字が大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高が進んだとします。http://tenormasahiro.chobi.net/

この場合ポジションを維持し続けたら損がなくなるまでには、損失分円安が進まなければなりません。高麗人参 堀ちえみ

誰でも、損失は早急に0にしたいと考えます。イエウール

これを解決するためはじめに売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を、1ドル95円で売買します。

そうしたら、ポジションの平均のコストは1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

言い換えると、2.50円の幅で円安ドル高に向えば赤字を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピンのやり方です。

このとおり、ナンピン買いのやり方を聞くと、「ごもっとも」と考えるが為替相場は簡単には思うようにはいきません。

もとより、1ドル=95円が下値だということなど誰にも分かるわけがありません。

仮定として、マーケットが相当に強い円高基調だとすると1ドル95円では止まることなく円高になる確率は高くなります。

一例として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたとしても、95円まで円高が進んだら、ナンピン買いしたポジションについても損失が生じてしまいます。

それでは、一番初めに売買したドルと一緒により大きなマイナスを被ることになる。

この通り、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それでは、為替が己の台本とは反対の方向にさっさと進んでしまった場合、いかなる手段でリスクを避ければいいのでしょうか。

取るべき手段は2つしかありません。

まずひとつめは覚悟を決めて、ポジションを諦める事です。

もうひとりは今現在、自分自身が所有している買いポジションを小さくする事によって改めて市場が元のようになるのを動かないで待つことだけです。

大人しい術だと感じる投資家もいるだろう。

しかしながら、自分が所有している買いポジションに差損が出た場合最もリスクが低い手法はこれ以外にはないです。

当然、理論上はナンピン買いする考え方も有効です。

だがナンピン買いは、自分自身がマイナスになっているのに、ポジションを整理するどころか、反対に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この手段では、リスクを管理することなどどうやっても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続ければ最終的には損を取り返せるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金がショートしてしまいます。