あいにく今ではこの上なくたまにある実例を除いて商品券のお店で買い物をしてもカードを使う事ができる場所なんてありません。

上記の原因で、VISA、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を使った直接的でないクレジットカードのモデルは大抵は現実的に運用する事はほぼ不可能だろうと思います。

それならどういう方法を活用すれば間接的カードが出来るのでしょうか?と聞かれるとそのテクニックとは現在流行している電子マネーであるEdy(エディ)、またICOCA、WAON、nanacoなど。

実は、こういうものを利用して直接的でないカードをするという事も可能になるのです。

Edy、QUICPay、またICOCA、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで買うという事が可能な金券◇PASMO、Webmoney、とかICOCA、nanacoなどに馴染みのないような人々からしてみると、なんとはなしにハードなイメージを思い描くのかもしれませんが電子マネーというものは商品券です。

JCB、American Express、NICOSなどの商品券とまるで差はないものです。

同時にこういった電子マネーというものはクレジットを活用して簡素に買い物することができるのが便利なのです。

またこのような電子マネーという物は現に、コンビニを始めとして、飲食店や多種多様な売店他においても活用できる事になっている。

「当販売店の支払いにはクレジットはご利用になれません」といった感じで貼り紙されていた販売店での支払いでもPASMO、Webmoney、Smart Plus、またはSuica(スイカ)、nanacoなどを使用するなら駆使できる実例がたくさんあるのです(キャッシングポイントが確実に獲得できる)。

つまりクレジットが使えないショップなどでも直接的でなくクレジットを使用する技でクレジットカードポイントだけ貯めてしまおうという方法です。

普通に買い物を満喫するに限られているとつかないクレジットポイントだから是が非でも使用する事をやってみてほしいです。